営業は、提案力がカギ。製販協力体制を強みに顧客の要望に応えていく。 営業職 鯉江一登 2015年入社 商学科卒

PROFILE

「自分が関わった仕事を目で見て確認したい」という思いで就職活動をして、機械系、素材系、食品系などの企業を回っている中、SMCを知る。調べるほどに、世の中のあらゆる製品、企業にSMCが関わっていることが分かり興味を抱く。この会社なら世の中のあちこちで自分の仕事の成果が見えるという点と、業界を超えてさまざまな会社と接することができる点が決め手となり入社を決意。

私が担当しているのは甲府営業所の諏訪エリア。主に長野県の中信、南信地域の精密機械のメーカーがお客様です。
営業は、お客様が抱える課題をSMCの技術でいかに解決できるか、その提案力がカギとなります。既存のお客様を定期的に訪問する際には、ただ顔を合わせるだけではなく、課題を聞き出す力、それにお応えする提案力が必要になります。的確な提案をするためには自社製品や他社製品、お客様の業態にも詳しくなければなりません。

扱っている製品数は70万品目以上ありますし、お客様からのオーダーでその都度新しい製品を作ることも多いので、競合に先駆けてSMCの技術で安心していただくことが大切です。そのためにサンプルで製品評価をしていただいたり、展示会、空気圧講習会などを実施して技術に触れていただく機会を作ったりしています。

入社当時は覚えきれないことも多く、お客様に育てていただくような場面もありました。もちろん、同じことをくり返さないよう、勉強も怠りません。まずカタログと取扱説明書をじっくり見て、自分で製品を操作したりもします。それでも分からないときは、製品を設計する開発部署に直接聞いてみます。
開発・製造部署との連携は非常に重要。お客様からのオーダーによる特注品は開発・製造部署なくしてはできあがりません。当然、標準製品も同じです。お願いするだけではなく、無事に完成しご購入いただいたあとに「××部署の××さんより尽力いただいた製品がこれだけ売れた」など、報告書を提出し、担当者の名前を記したりして感謝の意を表すことも社内で可能です。

営業として自分自身が心がけているのは「礼儀正しく」「当たり前のことを当たり前に行う」「レスポンスは早くする」こと。どれも当然のことですが、それをしっかりし続けないとお客様からの信頼は得られません。さらにお客様が何を考え、求めているのかを読み取る力を高めること。そのためには空気圧製品はもちろん、機械、社会全般についても知識を増やすことが大切です。

将来はやはり海外市場で営業をしてみたいです。社内には英会話を学べる仕組みがありますし、その他資格取得を支援してくれていますので、これらを利用してスキルを高め、いつか海外で活躍できる準備をしておきたいですね。

“巻き込み力”を持つ先輩をロールモデルとして

SMCには魅力的な先輩が非常に多く、身近に目標にしたい優秀な方々がいることで日々、刺激を受けています。例を挙げると、社内全体を巻き込んで新製品開発を成し遂げている先輩がいます。こんな製品をこれだけのお客様が欲しがっているという情報を新製品という形にするには、多くの部署の協力が必要です。各部署をどう巻き込んでいくか。熱意はもちろんですが、日頃から各部署との信頼関係を築いていると話が進むスピードが全然違うと思います。営業は技術者ではありませんが、こういう形でモノづくりに参加できるのもSMCの魅力です。いずれは自分も新製品を作る気持ちで、先輩を見習いながら、お客様に加えて社内のネットワーク作りにも力を入れていきたいと思っています。