ダイカスト技術を出発点として、生産技術者に必要な幅広い技術を身につけていく。 技術職【生産技術系】 菊池直彦 2013年入社 電気電子情報システム工学専攻修了

PROFILE

学生時代は電気系の技術を研究。就職では電気系出身が多い電機メーカーより機械など他業界の方が、電気系エンジニアとして大きな存在価値を発揮できるのではと考え様々な業界を検討。SMCが空気圧制御機器で高いシェアを持ち、幅広い産業を支えていることに惹かれて入社を決めた。

現在の勤務部署には樹脂成形やプレス成形、切削加工、表面処理など様々なグループがありますが、私は※ダイカストグループに所属し、金型の鋳造テストを担当しています。

製造設備に新しく製作された金型を設置し、アルミ製品を試作しながら寸法や品質、仕上がりなどに問題がないか、めざす速度で量産できるかをチェックします。同じ金型、同じ製造設備でも、素材となるアルミ合金の性質によって仕上がりに微妙な違いが出てくるのが、この仕事の難しいところ。

空気圧制御機器に使われる部品ですから、わずかな寸法の狂いや傷でも空気の漏れにつながるため、チェックには神経を使います。問題点については改善案を提案しますが、まだ経験が浅いので先輩たちに教わりながら考えているというのが現状です。

電気系出身なので鋳造など加工の基本すら知らず、最初は試作の現場でひたすら作業に追われていました。しかし業務のかたわら鋳造の理論を学び、現場にも慣れてくると、次第に図面から製品の形状がイメージできるようになり、自分で判断できる範囲も少しずつ拡大。経験不足や不注意からくるミスも減ってきました。

わからないことは現場の先輩や設備を開発している先輩エンジニアに訊きますが、未熟な若手の質問にも皆ていねいに答えてくれるので、疑問をひとつずつ解消し、着実に成長していくことができます。

試作・評価という業務は、鋳造条件やできた製品の採寸方法の設定など、製造現場が作業を行うルールを決める役割を担っていますから責任重大。今はそこにやりがいを感じています。

ただし、この仕事はあくまで生産技術の基本を覚えるための入り口。学生時代に学んだ電気系の技術とは大きくかけ離れていますが、こうした異分野の経験を通じて幅広い技術を身につけていくのがSMC流のエンジニア育成。これからさらに色々な業務を経験し、将来は電気も含めた幅広い技術を駆使できる、生産技術者へ成長していきたいと思います。

ダイカストは精度の高い金型に溶かした金属を高圧で注入して素早く固め、取り出す鋳造方法。高精度・高強度の金属製品を高速で生産できる。

新人でも仕事を任され、様々な経験ができるところがSMCの魅力

SMCでは学生時代に学んだことにとらわれず、色々な分野の業務が経験できます。また、新人でもレベルに応じて仕事を任せてもらえるので、やりがいを感じながら取り組むことができるのもいいところ。自動車や家電のメーカーのような華やかさはないかもしれませんが、顧客には自動車や家電だけでなくあらゆる産業の大手メーカー、日本だけでなく世界中の有名企業が名を連ねています。幅広い産業を支えていることも大きなやりがいになります。