先輩のよぷに将来は国内外で幅広く求められる設備を手がけたい。 技術職【生産技術系】 藤並晶一郎 2013年入社 理工学部機械工学専攻修了

PROFILE

大学院時代に所属した理工学部の研究室は生命関係の研究も行っていた。その影響もあり、一見自分の専門とは異なる分野に技術を応用することに興味を抱く。SMCは自動車、半導体、食品、医療などあらゆる分野に製品が使われていることが興味と合致。また世界をリードする高いFA(ファクトリーオートメーション)技術を持っている会社なので、自分もその一員に加わりたくて入社を決意した。

組立設備や加工設備の設計をしている部署で、私は3D-CADを使って管継手の全自動組立ラインの排出工程のほか、最近では電磁弁基板の組立ラインの中の一工程を設計しました。
SMCの製品は空気圧を動力としたFA技術が中心なので、ロボットの一部となりうるものを作っているわけです。大学の頃はロボットなんてすごくレベルの高い技術者が作るものと思っていたのに、今、自分がそれをしていることに改めて驚き、また喜びを感じます。 仕事の流れとしては生産設備の構想から設計、図面化までを担当。どこに使うどんな役割のものかを把握して構想し、3D-CADで設計していきます。製作する前に3D-CADモデルで完成後の動きなどを検証し、トラブルを未然に防ぎます。

私が心がけているのは、できるだけ分かりやすく単純な形状を考え、加工担当者もやりやすく、組立担当者も組み立てやすいものにすること。以前、組立を経験したこともあるのですが、取り付ける部品の関係で複雑な形状をしているもの同士を組み立てると、部品を見ただけでは分からず、何回も図面を見て確認しなければなりませんでした。これでは時間がかかってしまう。自分が設計するときは加工や組立の方にどういう形なら作業しやすいかヒアリングします。すると、「うん、この方が組み立てやすいね」「以前、この形状で問題が起こったから注意して」など経験や解決策も聞くことができ、分かりやすい形状も見えてきます。部署間の連携はとても大切です。

3年目の終わり頃に組立ラインの排出工程の設計を担当したことは忘れられません。部品ではなく一工程のライン設計だったので、一人でできるかどうか、不安を感じながら取り組んだ結果、狙い通りに稼働しているのが確認でき、ホッとすると同時に身体の中から感動がわき上がってきました。 とはいえ、先輩方はもっと大がかりな設備を設計している素晴らしい方がいっぱいいます。自分もいつか専用の設備設計を担当してみたい。そのためにもっともっと加工、組立、制御など幅広い知識を増やし、一流の設計能力や問題解決力を磨いていきたいですね。

SMCのグローバルな舞台で活躍できる技術者を目指す

私たちが設計した生産設備は、海外の工場で使われることも多いです。ですから海外の工場の仕様なども気になります。同期入社の中に設備の立上げなどで海外へ行っている者もいて、現地の方から「今このような設備が必要です」など情報を聞く機会もあるそうです。こうした背景もあって、英語はもちろん、部署により中国語やベトナム語の勉強会も開かれており、知識を習得したい社員を後押ししてくれるのはグローバルなSMCならではだと思います。私自身も、国内だけではなく海外にも目を向けて、国内外で幅広く求められているものを設計できる技術者を目指したいと思っています。