プロフェッショナルなモノづくりの厳しさと醍醐味を経験しながら成長中。 技術職【製品開発系】 上田宗史 2011年入社 知能機械工学専攻修了

PROFILE

学生時代は空気圧系のメカトロニクス、特に電磁弁とその制御を研究。所属していた研究室がSMCとの共同開発を行っており、先輩も入社していたことから、製品・技術・社風などをよく知ることができた。この会社なら自分が学んだ技術が活かせると考え、就職を決めた。

入社以来、薬液の流れを制御するエアオペレートバルブや流量計の開発を担当しています。薬液用のバルブというのは全く未知の分野だったので、まず薬液の性質から勉強しなければならず、最初はかなり苦労しました。それでもチームで議論を重ね、製品を作り上げていくモノづくりの喜びは格別。開発エンジニアになってよかったとつくづく思います。

学生時代と大きく違うのはビジネスの厳しさとスケールの大きさ。単に機能・性能を満たすだけでなく、期限やコストなど様々な要件をクリアしなければならず、そのために多くの部署・担当者が緊密に連携します。

特に製品開発部署の大きなテーマのひとつであるコストダウンは、材料の見直しや部品点数の削減、サイズダウン、製造工程の効率化など、あらゆる角度から煮詰め達成していくプロセスには、多くの困難が伴います。まだわからないことも多く、上司や先輩に相談しながら仕事を進めていますが、最近は少しずつ自分のアイデアも活かせるようになってきました。

開発に関するアイデアは若手でもどんどん言える雰囲気なので、自分なりに考えて正しいと思ったことは遠慮せずにぶつけています。間違っていることもありますが、そこから学べることも多く、そのたびに視野が広がり、理解が深まっていくのを感じます。

これからの目標は新製品の開発。今まで担当してきたのは既存製品の改良ですが、全く新しい製品を構想から手がけてみたい。そのためにもさらに経験を積み、知識を広げて、解決策を自分で考え出していける力を磨いていきたいと思います。

今もうひとつ勉強しているのは英語。海外の営業拠点などから英語でメールの問い合わせが来ることが多く、対応に時間がかかるので、もっと素早く読み書きできるようになりたい。現在、週2回社内の英会話教室で、ネイティブの講師に英会話を習っていますが、苦手だった聞き取りも少しずつできるようになってきました。SMCはグローバルな企業ですから、これからさらに語学力を磨いて、海外と関わる業務がしっかりできるようになりたいですね。

学生時代にモノづくりの楽しさを体感したロボットコンテスト

学生時代の一番の思い出は、レスキューロボットコンテストに参加したこと。まだ学部時代、同学年の仲間に呼びかけて20人のメンバーを集め、先生の協力も得て、約8か月で設計から製造まで行いました。
コンテストは崩れた建物の中に入り、けが人をいかに早く救助するかの勝負で、リピーターも多い中、結果は初出場での準優勝。リーダーとして多くの仲間とひとつのものを創り上げたことが大きな自信になりました。成績もさることながら、このとき味わったモノづくりの喜び、達成感が今につながっている気がします。