座右の銘はNo!といわない顧客第一主義期待以上の品質を追求しモノづくりの現場を支えたい。 技術職【製品開発系】 押田良太
2012年入社 電気電子生命学科卒

PROFILE

大学時代は機械制御、システム制御を学ぶ。恩師である教授がSMCと共同研究していたり、SMCに勤務している知人からのよい評判を聞いたりしており、学生時代から身近な会社だった。就職を意識して調べるほどに、日本の量産現場を支えている縁の下の力持ちであることに感銘を受けた。SMCなら「社会に貢献できるモノづくり」が可能だと感じ、入社へ。

私の部署は空気圧制御機器の動力源となる圧縮空気の流れの方向を切り替え、駆動機器の動作を決める方向制御機器(電磁弁=バルブ)の開発を行っています。私は開発補助という立場で新製品開発の評価や既存の製品の品質改善、製造フォローなどを担当しています。流れとしては製品の構想を練り、設計デザインしたものを試作し、それが正しく作動するか検証していきます。

今担当しているのは幅の小さなバルブで、このように小さい製品だとデザイン時のシミュレーション通りには動かないことが多いものです。わずか数ミクロンの寸法誤差でも製品の特性が変わってしまうからです。検証はまず、15〜20種類の部品を各1000個ぐらい計測していきます。計り終わったら部品を組み合わせて作動させ、その製品の特性評価を行います。これほどの数を1つ1つスピーディかつ正確に行わなければならず、非常に神経を使います。

部品寸法の計測にはデジタル機器を使うことも多く、計測器に部品を押し当てる力一つとっても注意が必要です。入社して2~3年経ち、ようやく全ての試験結果に自信を持てるようになりました。

SMCには「No!といわない顧客第一主義」というスローガンがあります。これは自分の座右の銘でもあります。1つの製品の完成には製造、生産技術、品質保証などの各部署や協力企業とのやりとりが発生します。
たとえばある製品について開発から「この製品の性能アップのため、ある部品形状を特殊なものにしたい」と提案したものに対し、製造が「そこを複雑にすると組みづらくなり、不良率が上がってしまう可能性がある」と意見が出る。そこで生産技術から「それでは組立の方法を変えてみてはどうだろうか?」という提案が出る。
どうすればトラブルなくより良い製品を量産できるのか。それぞれ専門の立場からの意見をぶつけ合い、すりあわせて1つの製品を作っていきます。お互いの根底にあるのはNoと言わない、お客様が求める以上の良いものを作りたい、日本の産業の現場を支えるという覚悟です。

今は時間管理など諸先輩方に学ぶことがまだまだ多いですが、いずれは海外にもシェアを広げていけるような担当製品を持つエンジニアに成長したいと思っています。SMCならその夢も叶えられると信じています。

世の中で自社製品が活躍しているのを見つける喜び

地方にある有名な銘菓製造工場を見学に行ったり、メーカーの展示会に行ったときなど、ついついSMCの製品がどこに使われているかチェックしてしまいますね。自社製品が使われていると喜びと誇りを感じます。それ以外でも何でもすぐ製品の構造を見る癖がついてしまい、たとえばボールペンひとつとっても「スプリングの荷重はどうやって決めているんだろう?」などエンジニア目線で社会を見るようになりました。